FC2ブログ
◎ねじ屋によるねじ日記◎STAFFブログ
スタッフによるSTAFFブログ。 商品情報や、お知らせ、ちょっと気になるねじのあれこれ等 ねじ屋のこだわり熱く語らせて頂きます♪
プロフィール

ねじスピSTAFF

Author:ねじスピSTAFF
●会社概要

株式会社大里
http://ohsato-web.co.jp/



●メッセージ
株式会社大里のSTAFFブログです。
お知らせやおすすめ情報、
ねじ屋のつぶやき等々更新してまいります!
ねじについての質問や、
こんなねじ探して~!などの
書き込みやお問合せも随時受け付け中です!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



成田山新勝寺に行ってきました
1月も早いもので、もう10日を過ぎてしまいました。

巷は成人式ですね。

さて先日、遅めの初詣に行ってきました。



本来、初詣は松の内(地域によって異なりますが、関東地方は7日)までに行ったほうが

よいのでしょうが、現在は、初詣はいつまでに行けばいいか厳密な決まりはありません

年が明けて初めてお参りをすることが初詣です。

そして、家に帰るまでが初詣です。 (←遠足かよっ!)



そもそも、我が家はたいてい三が日のうちに初詣に出かけるのですが、年末に

長女(7歳)が水疱瘡にかかってしまい、家族総員で引きこもりの年末年始を

迎えたため、遅めの初詣となりました。



また余談ですが、昨日、長男(5歳)が水疱瘡になりました。

たぶん、長女の水疱瘡がうつり、潜伏期間(約2週間)を経て発症したのでしょう。

また、しばらくの間、引きこもり生活となりそうです。



ふだんは、地元or家内の実家近くの神社にお参りをするのですが、今年は

かなり足を伸ばして成田山新勝寺まで行ってきました。



車で行ったのですが、駅から成田山新勝寺へ向かう道はほぼ交通規制がされていて、

車での進入ができません。

当初は、市営の駐車場に止めるつもりでしたが、交通規制内の場所だったため、

成田山新勝寺のHPで案内されている駐車場に車を止めました。

激混みを予想していましたが、3が日から外れたため、思ったよりスムーズでした。



さて、参道を散策。

160109_0711.jpg

古い建物が多く残っており、情緒を感じることができました。



160109_0712.jpg

久しぶりに見ました観光地の名物。

梅宮辰夫さん「辰っちゃん漬」の人形。



そんなこんなで、総門に到着。

160109_0716.jpg

総けやき作りで、2階部には不動明王や千手観音、大日如来など8体の木製仏像が

奉安されています。



長い階段を登り、大本堂に到着。

お参りをしました。

160109_0717.jpg

ちなみに、毎年2月3日は恒例の豆まきが行なわれます。

今年の「特別年男」は以下のようです。(ポスターより)



 ≪大相撲≫
 横綱 白鵬
 大関 稀勢の里
 前頭 隠岐の海
 前頭 遠藤

 ≪芸能人≫
 NHK大河ドラマ「真田丸」出演者より



芸能人枠が名前の記載が無かったのですが、メインキャストの堺正人さん、長澤まさみさん、

大泉洋さん、内野聖陽さん、近藤正臣さんあたりが出るのでしょうか?



話を戻しまして、大本堂の左手奥側の出世稲荷神社も行きました。

160109_0722.jpg

ここもさらに階段を登ります。

160109_0724.jpg

鳥居の前には油揚げを売っている売店があり、さらに石段を登った上にお稲荷さんがあります。

旗や幕や提灯が下がっている独特の雰囲気があります。



さて、かなり日も暮れ、夕方5時には参道の売店がかなり閉まってしまいます。

当然、参拝客も帰り支度です。

160109_0725.jpg

お腹が空いたので、夕飯を食べてから帰ることにしました。

160109_0726.jpg

参道には何軒か鰻屋さんがありますが、この川豊さんは行列ができるほどの

有名店です。

お伺いしたのが、ラスト受付の17:30でしたので、行列に並ぶことなく、店内に入ることが

できました。

160109_0728.jpg

店頭で鰻をさばいて、そのすぐそばで焼いているので、美味しそうな匂いが辺り一面に

広がっていました。



DSC_0732.jpg

うな重&肝吸い

肝吸いがなんと100円!

鰻はふんわりと柔らかく、タレが甘からず辛からずの老舗の味でした。

またお米も少し硬めでタレをかけて丁度良いくらい食感でした。



ご馳走様でした




ねじに関することは何でもおまかせ
ねじのスピード便 【ねじスピ】
http://neji-speed.com/ns/start


年末のお礼参りへ
ことしも残すところあと数日となりました。

弊社【ねじのスピード便ねじスピ】は明日12月29日(火)より、2016年1月3日(日)まで、

年末年始のお休みをいただきます。

1年間ご愛顧ありがとうございました。



今年も無事に過ごせたということで、浅草までお礼参りに行ってきました。

151228_0656.jpg

ちなみに、お礼参りに行った日は19日(土)のクリスマス直前でしたが、

クリスマスの装いは全くありませんでした。

土日だけあって、人混みがスゴイ。

特に海外からの観光客が多かったですね。



151228_0659.jpg

まずは浅草寺へお参り。

今年無事に過ごせたことを感謝しました。



そして、浅草寺のすぐ隣の浅草神社へもお参りしました。

151228_0666.jpg

浅草神社は、江戸時代までは浅草寺と一体でしたが、明治維新の神仏分離により、

浅草神社として分離されました。

恋愛成就のスポットとしても有名ですね。



1868(明治1)年3月に、明治政府によって神仏分離令が出されました。

古代以来の神仏習合の慣習を禁止し、神道と仏教、神と仏、神社と寺院とを

はっきり区別させることでした。



お参り後は境内を散策しました。

151228_0667.jpg

今年は寒い日がそんなに多くなかったので、まだ紅葉がかなり残っていました。



さらに散策。

お正月らしい風景、催しもやってました。

151228_0668.jpg

151228_0670.jpg



花やしき前まで歩くと、パンダバスのバス停があるではありませんか。

151228_0674.jpg

浅草エリアを巡回する無料バスです。

運行は1時間に1本しかありませんが、「浅草ROX」、「水上バス乗り場」、「よしもと浅草花月」

などの浅草人気スポットを巡回するだけでなく、「とうきょうスカイツリー駅前」まで通るので

かなり便が良いです。



151228_0673.jpg

パンダバス到着!

正面のパンダの目がウインクします。



151228_0677.jpg

バスの中はこんな感じです。

だだ、残念ながら年末年始の2015年12月29日~2016年1月3日は終日運休なのです・・・。



151228_0650.jpg

来年も宜しくお願いします!





ねじに関することは何でもおまかせ
ねじのスピード便 【ねじスピ】
http://neji-speed.com/ns/start

クリスマスイルミネーション
連投です!

ディズニーランド基準では、10月のハロウィンが終われば、クリスマス一色ですね。

とうきょうスカイツリーでもすでに点灯式が終わり、クリスマスムードです。



先日、長女とイルミネーションを観に行ってきました。

151121_0545.jpg

151121_0561.jpg

151121_0547.jpg



とうきょうスカイツリーは都内で第6位のイルミネーションスポットだそうです。

12月1日からはスカイツリータウンの壁面とスカイツリー塔体下部が全幅約140mの

スクリーンとなり、プロジェクションマッピングを開催します。


151121_0602.jpg

151121_0549.jpg

151121_0580.jpg

151121_0589.jpg

151121_0567.jpg



大切な人との思い出作りや、家族連れで、観に行ってはいかかでしょうか?





ねじに関することは何でもおまかせ
ねじのスピード便 【ねじスピ】
http://neji-speed.com/ns/start



753
こんにちは。 店長bambooです。



我が家では、今年はちょうど子供が7歳(女の子)と5歳(男の子)になりましたので、

先日、七五三のお参りをしてきました。



七五三の由来を調べてみたら、今から約330年前に徳川徳松(江戸幕府代5代将軍の

徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まったとされています。(諸説あり)

江戸時代に始まった神事ですので、旧暦の数え年で行うのが正式ですが、

明治改暦移行は新暦の11月15日に行われるようになりました。

現在では11月15日にこだわらずに、11月中に行うことが多くなっています。



また、元々は関東圏の地方風俗だったのですが、京都・大阪でも行われるようになり、

だんだんと全国に広まっていったそうです。



さて、七五三当日。

151115_0442.jpg

子供たちは着慣れない和装の井手達で写真を撮りました。



家族全員の記念写真を撮り終えたら、神社に移動です。

151115_0513.jpg



当日はあいにくの雨、さらに我が家同様に七五三詣りの家族連れが多く、

参拝まで30分以上待ち時間がありましたので、社務所で待ちました。

151115_0514.jpg



「碁盤の儀」で写真をパチリ

151115_0515.jpg

宮中行事の「深曽木(ふかそぎ)の儀」に由来し、七五三で子どもたちが碁盤から

飛び降りて健やかな成長を祈るといわれています。



長女はお淑やかにピースサインで

151115_0520.jpg



さて、そんなこんなで時間がたち、ようやく参拝の時間となりました。

時期的に殆ど七五三詣りの家族でしたが、初宮詣の家族もいました。

また、初めて知ったのですが、十三詣りの女の子もいました。



十三詣りは、もともと京都発祥らしく、七五三ほど一般的ではありませんが、

関西では七五三より盛んな地域が多いそうです。

お参りする時期は、旧暦の3月13日前後に、男女ともに数え年13歳で行います。

子供の多福・開運を祈って、小学校を卒業して、中学校に入学する春に寺社に詣でる

形式が一般的だそうで、近年では関東地方だと、浅草寺に3~5月にかけて参拝客が

目に付くようになりました。



さて、参拝が終わり、お祝いのお食事会です。

151115_0525.jpg

151115_0526.jpg



当然、縁起を担いで“メデタイ”ものをいただきました。





ねじに関することは何でもおまかせ
ねじのスピード便 【ねじスピ】
http://neji-speed.com/ns/start



初島旅行日記(その4)
さてさて、今回が初島旅行日記の最終回となります。

最終日の3日目は島内観光をしました。

map.jpg

初島区事業協同組合HPより)




DSC_0564.jpg

初島灯台

四方八方360度海に囲まれた灯台は、非常に珍しいのではないかと思います。

海に囲まれているためか、地球が丸く感じることが出来ますので、一度上ってみることをお勧めします。

当日はあいにくの天候でしたが、天気がよければ富士山が見えるそうです。

DSC_0572.jpg

DSC_0568.jpg

DSC_0570.jpg





DSC_0551.jpg

サルトビ

初島にある本格的なアスレチックです。

危険が伴いますので、誓約書に署名してから申し込みをします。

空中ではしごや丸太を渡ったり、ロープで滑り降りたりと様々な種類のアトラクションを楽しめます。

家族連れからカップルまで、多くのお客様がいましたが、我が家は長男が利用条件にひっかかった

ので、今回は外からの見学のみです。

ちなみに、サルトビの利用条件は、年齢5歳以上、身長110cm以上になります。





DSC_0523.jpg

お初の松

初島港を出るとすぐに目の前にあります。

『島の乙女のはや胸に、秘めて高鳴る琴の緒の断たれて悲しい恋の火よ』と 悲しい歌に残されている、

島の美しい娘「お初」の悲恋の物語が遺された松です。

その昔、お初という17歳の娘が伊豆山の右近という青年に恋をしました。

「百夜通えば結婚する」という右近の約束を信じ、お初はたらいの船で海上三里を 通いましたが、

九十九日目に波に飲まれて死んでしまったという物語です。

そんなお初の悲しい恋を偲び、この松を「お初の松」と名づけて島民は大切にしています。





DSC_0525.jpg

初島海洋資料館

「相模湾とJAMSTEC(海洋研究開発機構)」をコンセプトとして、相模湾とその周辺を描いた大型の

海底地形図と鯨瞰図や、相模湾の海底の景色を解説したパネルなど、相模湾に関する展示を

行っています。

相模湾と初島に関する展示が充実し、初島の海洋がらみの歴史も学ぶことができます。

DSC_0526.jpg

DSC_0527.jpg





DSC_0535.jpg

竜神宮

社殿には海中から現れたといわれる剣が納められ、社殿脇の小径を登った山の頂上には

ご神体と見られる竜神の塚があります。





DSC_0541.jpg

初木神社

島民の信仰の中心となっている風情ある古社です。

初木姫が祭られており、伊豆山の伊豆山彦とのロマンスなど初木姫をめぐる様々な物語が

残されています。



DSC_0544.jpg

初木神社より初島公園へ向かう途中の風景。

手前の民家が民宿街になり、その奥が初島港です。





DSC_0547.jpg

初島公園

トレーラーヴィラからもそんなに離れていない場所に位置しています。

桜の木がたくさんあり、2月下旬頃には河津桜が満開になり、ソメイヨシノなども植えられているため、

順番に桜が見ごろとなるそうです。

源頼朝の石碑がありましたので、何らかのゆかりがあるのでしょう。

DSC_0546.jpg

DSC_0545.jpg





アイランドリゾートのR-Asiaに戻り、ちょっと遅めのお昼ごはんを食べました。

当然、リゾートっぽい雰囲気満載です。

DSC_0588.jpg

DSC_0578.jpg

DSC_0583.jpg



午後の残り少ない時間は海のプールで遊び、最後に島の湯で汗と塩を流したら、帰港です。

初めての離島体験で、普段とはかけ離れた日常を送ることができ、楽しかったです。

長男(5歳)もこの日常が楽しかったらしく、離れるのが辛くて泣いてしまったくらいですから。





帰りの船にて、デッキにいるとカモメが多く飛んでいたので何かな?と思ったら、みんなエサを

あげてたんですよね。

DSC_0597.jpg

カモメではなく、トンビがくることもあるそうですが、トンビは人を襲う場合もありますので、

注意して下さいね!

DSC_0599.jpg





(初島旅行日記おわり)





ねじに関することは何でもおまかせ
ねじのスピード便 【ねじスピ】
http://neji-speed.com/ns/start