FC2ブログ
◎ねじ屋によるねじ日記◎STAFFブログ
スタッフによるSTAFFブログ。 商品情報や、お知らせ、ちょっと気になるねじのあれこれ等 ねじ屋のこだわり熱く語らせて頂きます♪
プロフィール

ねじスピSTAFF

Author:ねじスピSTAFF
●会社概要

株式会社大里
http://ohsato-web.co.jp/



●メッセージ
株式会社大里のSTAFFブログです。
お知らせやおすすめ情報、
ねじ屋のつぶやき等々更新してまいります!
ねじについての質問や、
こんなねじ探して~!などの
書き込みやお問合せも随時受け付け中です!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



築地から豊洲へ
こんにちは。 店長bambooです。

先日、ふと思いつき、築地市場へ行ってきました。



ふと思いついた理由としては、

① もうすぐ豊洲新市場(2016年春開業予定)に移転してしまうので、その前に一度は現在の

  市場の姿をこの目で見てみたい。

② 師走になってから見に行くと、きっとかなり混雑するだろうし、間違いなくテレビで市場の様子を

  放映したりなんだりしてさらに混雑するだろうから、混雑する前の今くらいが良いのでは?

③ 新鮮な魚が食べたくなった。


等々があげられます。



電車でいく場合、最寄駅は大江戸線の「築地市場駅」になりますが、私は日比谷線沿線に住んで

ますので、「築地駅」で降りて、『本願寺~場外市場~築地市場』とブラッとすることにしました。

141124DSC_0977.jpg

電車でGO!



「築地駅」で降ります。

「つきじ~、つきじ~、ほんがんじまえ~」と駅でアナウンスされます。

大江戸線が開業する前までは、日比谷線の「築地駅」が最も築地市場に近い駅でしたが、

現在でも、日比谷線の「築地駅」から築地市場へ向かう人が多いです。

ガイドマップ片手に築地に向かう(向かいそうな)外人さんがかなりいます。

141124DSC_0972.jpg



駅の真横に『築地本願寺』があります。

1934年に完成した現在の建物は、古代インド洋式の外観で、かなり特徴があります。

ここで結婚式を挙げる人も多いそうですが、和式だけでなく、洋式のウェディングも

OKみたいです。

     141124DSC_0969.jpg
141124DSC_0970.jpg



築地本願寺を過ぎて、新大橋通りを少し歩くと、晴海通りとの交差点の先はもう

築地場外市場です。

ちなみに、築地市場が移転しても、築地場外市場は移転しないそうです。

141124DSC_0930.jpg



行ったのは、朝7時くらい(ちょっと遅いくらい)ですが、かなりの盛況ぶりです。

鮮魚類は当然のこと、青果類や道具類のお店もたくさんあります。

141124DSC_0932.jpg

141124DSC_0934.jpg



あの有名な卵焼きのお店も場外に数店構えています。

141124DSC_0933.jpg



店先で『解体ショー』

141124DSC_0937.jpg

141124DSC_0938.jpg



場外市場にも多くのお食事処があり、おいしそうな匂いのするお店があったり、呼び込みが

あったりしますが、ここはガマン。

せっかく早起きして築地まできたのですから、場内見学しがてら、場内のお店で食べることに

しました。



築地場外市場から、築地市場までは新大橋通りに沿ってあるいてすぐの距離です。

     141124DSC_0949.jpg



築地市場に着いたのは7時30分くらいで、すでにセリは終わっているだろう時間帯でしたが、

それでも車の往来は激しかったです。

場内の交差点(?)で交通整理が行われているくらいですから。

141124DSC_0950.jpg

141124DSC_0951.jpg



場内で働いている人たちのために、診療所が併設されてます。

141124DSC_0952.jpg



場内の見学箇所が限られているため、ザッとしか見ることができませんでしたが、

最後はお目当ての、 “おいしいお魚” を食べにGO!

     141124DSC_0962.jpg



「早朝かよっ!」ってツッコミたくなるくらい、大賑わいです。

人気のお店は、1時間待ちはザラです。

ヘタしたらもっと待ちます。

141124DSC_0953.jpg



私はすでに『うなぎ米花』さんに行くことに決めてました。

店前で10分くらい待って、店内に入ることができました。

カウンター席のみで、10人ちょっとで満席です。

店員のジローさんがかなり陽気な方です。

日本語・英語だけでなく、中国語やその他の言葉も堪能に話します。

     141124DSC_0954.jpg

141124DSC_0959.jpg




ここのお店の名物“海鮮丼”をいただきました。

141124DSC_0956.jpg

誰かの言葉ではないですが、本当に「宝石箱や~」って感じです。

当然味もGOOD!

画像では分かりませんが、下のほうにも具材(シャコ・エビなど)がてんこ盛りです。

どの刺身も大振りで食べ応えがありましたし、アワビも歯応えがあって美味しかったですが、

ネタの中ではシャコが一番おいしかった!

シャコは鮮度がすぐに落ちてしまうし、一旦冷凍にしてしまうと水っぽくなってしまうのですが、

当然新鮮なまま食べることができましたので、こんな経験はあまりできないですからね。



どのネタも美味しく、ご飯の量が足りなくなってしまいました。

その時は恥ずかしがらずにジローさん「ご飯ちょーだい」と言いましょう。

笑顔で大盛りでご飯をよそってくれますよ。



まんぷく、大満足!





ねじに関することは何でもおまかせ
ねじのスピード便 【ねじスピ】
http://neji-speed.com/ns/start