FC2ブログ
◎ねじ屋によるねじ日記◎STAFFブログ
スタッフによるSTAFFブログ。 商品情報や、お知らせ、ちょっと気になるねじのあれこれ等 ねじ屋のこだわり熱く語らせて頂きます♪
プロフィール

ねじスピSTAFF

Author:ねじスピSTAFF
●会社概要

株式会社大里
http://ohsato-web.co.jp/



●メッセージ
株式会社大里のSTAFFブログです。
お知らせやおすすめ情報、
ねじ屋のつぶやき等々更新してまいります!
ねじについての質問や、
こんなねじ探して~!などの
書き込みやお問合せも随時受け付け中です!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



気ままにwalkin'(自由が丘)
こんにちは。 店長bambooです。

先週末、自由に“自由が丘”を歩いてみました。



15年位前まで某金融機関に勤めており、自由が丘の近くに支店に配属されてましたので、

私にとっては多少馴染み深い街でもあります。

DSC_3389.jpg

久しぶりの自由が丘駅です。



いまでこそ全国至るところに、“○○県○○市自由が丘”という地名が多く存在していますが、

東京の“自由が丘”はその『元祖』ではないでしょうか?

東京の“自由が丘”はもともと目黒区になる前の地名は、荏原郡碑衾町大字衾字谷畑でして、

自由ヶ丘学園が開校したことで、この辺りの通称として用いられるようになり、その後、

地名と東急東横線の名前として取り入れられるようになりました。



ちなみに、自由ヶ丘学園の系列学校で、その昔、トモエ学園という幼稚園・小学校がありました。

ピンときた人が多いと思いますが、そうです、あの大ベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』の舞台と

なった学校です。



DSC_3395.jpg

DSC_3396.jpg



私はずっと都内に住んでますが、下町ですので、こういう“お洒落タウン”は滅多に行くことが

ありませんが、よくあるチェーン店もお洒落っぽく見えてしまうので、不思議です。

さて、見たい場所・行きたい場所・食べたい場所がいくつかありますので、ブラつきたいと思います。

まずは、熊野神社にお参りすることにしました。



DSC_3403.jpg

…と熊野神社に行く途中に、行列のできてるお店がありました。

何事かとそのお店の正面にいってみたら、ピーターラビットがいるではありませんか。

DSC_3407.jpg

DSC_3406.jpg

オムライスでお馴染みの、ラケルがプロデュースした『ピーターラビットガーデンカフェ』でした。

そういえば、3月のオープン時に『王様のブランチ』でやってたのを思い出しました。

お昼前(11時くらい)の開店前でしたが、かなりの行列でした。



さて、ピーターラビットガーデンカフェから歩いてすぐの場所に熊野神社があります。

地元では通称「谷畑の権現さま」と呼ばれています。

DSC_3411.jpg

初宮詣の家族もいました。

きっと、地元では親しまれている神社なのでしょうね。

DSC_3414.jpg



さて、熊野前神社の周りを歩いてみることにしましょう。

大まかにですが、神社を境にして、南側(駅方面)が商業施設が多く、北側が閑静な

住宅街という感じです。

この季節、紫陽花が綺麗に咲いていました。

DSC_3422.jpg

DSC_3424.jpg



また少し歩くと、イタリアのヴェネチアをイメージした『LA・VITA』という商業施設があります。

広場の真ん中に運河とゴンドラがあり、またテラスにはベンチが置かれており、のんびりした雰囲気で

イタリア情緒を味わうことができます。

ドラマのロケでもよく使用されているみたいです。

施設内はこじんまりとしていますが、ヘアサロン、インテリア、雑貨などのお店がありました。

DSC_3417.jpg

DSC_3420.jpg



さて、お昼近くになり、お腹も空いてきたので、お昼ご飯を食べましょう!

行くお店は予め決めてありますので、再び自由が丘駅に戻ることにしました。

行きとは別の道を通って、向かいました。

DSC_3426.jpg

DSC_3431.jpg

昔ながらの住宅街を横目にしつつ、ナボナで有名な『亀屋万年堂』の本店の前を通ります。



目的のお店は、駅前の自由が丘デパート内の2階にあります。

DSC_3400.jpg

名前には“デパート”と付いていますが、現代風に言い換えれば、“ショッピングモール”というところで

しょうか。

地下が衣料品や雑貨のお店、1階が食品や雑貨、2~3階が飲食のお店が主に入居しています。

4階には英会話学校、貸しホールがあります。



DSC_3447.jpg

自由が丘デパート1階の様子



DSC_3432.jpg

自由が丘デパート3階の様子



この自由が丘デパート2階にある、その名も『ごはん』というお店でお昼ご飯を食べました。

麹(こうじ)が決め手の“おふくろの味”のお店です。

少し前に、夕方のニュース番組の『news every.』で紹介されており、2014年1月に開店したばかりですが、

割烹着のお母さんと娘さんの二人で切り盛りしているカウンターのみの小さなお店です。

DSC_3433.jpg

DSC_3435.jpg

ランチ営業時間は11:30からなので、開店10分くらい前に行きましたが、既に先客が3名いました。

そのうち2人は地元の老夫婦で、もう一人は60代前半くらいで葛飾からわざわざ食べに来たとのことです。



開店と同時にカウンターに案内されました。

『さわらのみそ麹やき』にするか『豚バラの厚切りみそ麹やき』にするか悩みましたが、

両隣に座った人が偶然『さわらのみそ麹やき』を注文したので、今回は『さわらのみそ麹やき』は

人の料理を見るだけ(参考)にして、私は『豚バラの厚切りみそ麹やき』を注文しました。



DSC_3438.jpg

注文してしばらく待つと、先に野菜が出てきました。

麹が売りのお店なので、胡麻ドレッシングも麹です。



DSC_3441.jpg

次にお豆腐が出てきました。

自家製なのでしょう。アツアツです。

DSC_3442.jpg

カウンターにしょうゆ麹が置いてありましたが、かけなくても豆腐の甘さだけで食べられます。



さて、野菜も豆腐も食べ終わり、しばらくするとお待ちかねのメイン料理が出てきました。

DSC_3443.jpg

ご飯は白米か十穀米を選べます。 嬉しいことにおかわり自由!

お米にもこだわりを持っていて、宮城のひとめぼれを使っているそうです。

DSC_3444.jpg

おかずの豚はほどよい脂身のお肉と、みそ麹の味付けでご飯が進みます。

家庭的な雰囲気が味わえ、さらに栄養のバランスがとれた食事をすることができるので、

こんなお店が近所にあったらなぁ、と思います。



DSC_3446.jpg

店内の様子。 夜も営業しています。



さて、お腹もいっぱいになり、腹ごなしを兼ねてデザートを食べに歩きます。

DSC_3449.jpg

お昼も過ぎた時間帯ですので、街に賑わいがでてきました。

道を歩くと、至る所で紫陽花が咲いていました。

DSC_3464.jpg

DSC_3468.jpg



向かったのは、アイスクリーム屋さん。

DSC_3452.jpg

「毎日その日の分だけつくります 旬のアイスクリーム ラ・リューシェ

毎年6月から9月の期間限定のお店です。

店名の通り、作り置きはせずに、その日に売る分だけをその日に作るので、メニューは毎日変わります。

DSC_3461.jpg

ショーケースを見るとどれも美味しそうです。

アイスはダブルでの注文のみでして、私はバニラとあずきを注文しました。

DSC_3457.jpg

店内にトッピングコーナーがあり、アーモンドフレークのようなものを自由に乗せることができます。

アイスを凍らせていない分、多少のユルさはありますが、フレッシュな味わいを楽しむことができました。



満腹 満足





ねじに関することは何でもおまかせ
ねじのスピード便 【ねじスピ】
http://neji-speed.com/ns/start